Help

法明寺 鬼子母神堂 ・北辰妙見大菩薩(豊島区雑司が谷)

  • 92

Photos: 法明寺 鬼子母神堂 ・北辰妙見大菩薩(豊島区雑司が谷)

Photos: 法明寺 鬼子母神堂 ・北辰妙見大菩薩(豊島区雑司が谷) Photos: 鬼子母神大門(豊島区)表参道

mixiアルバムコピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000040432751&owner_id=32815602
2011年10月27日 22:13
●2011.09.22.

“きしもじん”威光山 法明寺 飛地境内――
鬼子母神は、法華経の守護神として日蓮宗・法華宗の寺院で祀られることが多く、「恐れ入谷の鬼子母神」で知られる、東京都台東区入谷の鬼子母神(真源寺)、東京都豊島区雑司が谷の法明寺鬼子母神堂、千葉県市川市の遠寿院(法華経寺塔頭)の鬼子母神が有名です。
“鬼子母神”の「鬼」の表記について、寺院によっては、第一画目の点がない字を用いる場合がある。これは、鬼子母神が釈尊に説教され改心し、角を外した、という理由による。

縁日は毎月8の付く日(8日,18日,28日)で、お会式に併せて大祭を行う寺もあります。
ご神徳は子宝、安産、子供守護など。

鬼子母神様は説明がとんでもなくめんどくさいので……(>_<) HPをコピーさせていただきます。

「その昔、鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれ、王舎城(オウシャジョウ)の夜叉神の娘で、嫁して多くの子供を産みました。
しかしその性質は暴虐この上なく、近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。
お釈迦様は、その過ちから帝母を救うことを考えられ、その末の子を隠してしまいました。その時の帝母の嘆き悲しむ様は限りなく、お釈迦様は、
「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。
そこで帝母ははじめて今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依し、その後安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。
当山の鬼子母神像は、鬼形ではなく、羽衣・櫻洛をつけ、吉祥果を持ち幼児を抱いた菩薩形の美しいお姿をしているので、とくに角(つの)のつかない鬼の字を用い と尊称しております。 」



●12.04.04.
●15.03.30.


フォト蔵では15年分はリアルタイムで上げちゃってます。当該アルバムを先に(過去に)進んでもらえば13枚ほどアップされてますm(_ _)m

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.